説明

気軽な借金相談が可能

借金問題に悩まれている方は、街の法律家として活躍している司法書士に相談しましょう。司法書士は登記のスペシャリストですが、個人再生にも対応しています。報酬は弁護士より安い上に、煩雑な手続きをあなたに代わり行ってくれます。

相談会

無料相談ができる法律家

無料で借金問題の相談ができるのが、司法書士です。個人再生などの債務整理に対応しており、借金問題のスムーズな解決に導きます。相談先が分からない場合には、司法書士会に相談するといいでしょう。相談内容に最適な司法書士を無料で紹介してくれます。

握手

相談をする前に

個人再生を相談する司法書士事務所を選ぶときは、無料相談しているところを選択すると費用を節約できます。また、個人再生の実績がある事務所を選ぶと手続きが遅滞なく進むことでしょう。かかる費用をはっきりと提示している事務所を選ぶことも重要です。

天秤

コストを下げるには

司法書士事務所にも個人再生は依頼できます。司法書士事務所に頼むことでよりコストを下げることが可能です。司法書士事務所はどこでも見つかりやすく身近なことも利点でしょう。とはいえ、何を専門としているかは確認しておきましょう。

女性

返済が終わらない

借金の返済が終わらず債務整理を検討しているが、自己破産するとなると住宅を失うことになる、そういった方は個人再生です。個人再生は、住宅や車など高価な財産を維持したまま手続きができます。弁護士や司法書士の専門家に依頼するのがおすすめです。

借金が5分の1まで減る

本

費用を節約したい

債務整理の中で借金を減額させる手続きは、任意整理があります。しかし、任意整理は裁判所を介せず債権者と直接交渉する手続きです。あくまで任意なので、減額要求をされた債権者は応じる応じないは自由なのです。強制力があるわけではなく、過払い金が発生していなければそもそも減額にならないこともあります。任意整理では返済の目途が立たない場合は、個人再生の手続きがあります。個人再生は、借金が最大で5分の1〜10分の1まで圧縮できる手続きです。減額後の借金を原則3年以内、長くても5年以内で返済をすることができれば、減額前の債務の返済は免除になる手続きです。減額効果は、任意整理よりも大きいです。個人再生は、弁護士や司法書士に依頼せずに本人自身が一人で行うことも可能ではあるのですが、複雑な手続きで何の知識もないところから始めるとなると、どんな書類なのかひとつひとつ理解をするのにも時間がかかり、再生案の作成も複雑な計算が必要、提出する書類も多く期限内に提出できないと、そこまでの苦労が無駄になってしまいます。そのため司法書士や弁護士に依頼するのを裁判所もすすめているくらいなのです。では、弁護士と司法書士どちらに依頼したらいいかですが、費用を節約したいなら司法書士です。しかし、司法書士は個人再生の法定代理人となることができず、書類作成は代行できますが出廷は申し立て本人が行う必要があります。費用を節約したい、時間がとれる方は司法書士でもよいですが、仕事をしながらとなると難しいです。そういった方は弁護士がおすすめです。