返済が終わらない

女性

住宅ローンがある方は

カードローンやキャッシング、他にも住宅ローンなども利用していて給料を貯蓄や趣味に充てる余裕がなく借金返済でほとんど消えていく、今は何とか持ちこたえられるが、収入がダウンしてしまってはどうなるか分からない、借金返済に不安のある方は一度弁護士や司法書士に相談されることをおすすめします。弁護士や司法書士に相談して債務整理をする場合、もっともダメージが少ないのが任意整理です。会社や家族に知られることなく、手続きも比較的短期間で安価な費用で行えるのですが、当事者間で交渉するので裁判所は関係なく法的強制力もないので、債権者には要求に従う必要もないのです。あくまで任意です。そうなると自己破産を検討したくなりますが、住宅を保有している方は困ることになります。自己破産は借金が全額無くなる手続きですが、住宅を失います。処分され債権者へ配当されます。住宅ローンだけ残して他のローンだけ自己破産ということができないのです。住宅を失いたくない方は個人再生がおすすめです。個人再生は、住宅や車などをそのままにして債務整理をすることができます。そしして個人再生の特徴は減額幅が大きいことです。任意整理であると過払い金が発生していない場合はほとんど減額できないことがありますが、個人再生は債務額によって最低返済金額が決められていて、例えば450万円ある借金は100万円まで減らすことができます。100万円を返済すれば残りの350万円の支払いは免除されます。ただ、個人再生は手続きが難しく素人には困難、弁護士や司法書士に依頼するのがおすすめです。弁護士・司法書士が最適な債務整理を提案してくれます。